爬猛堂
オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2021年1月

訓練 延期

本日訓練の予定でいましたが風が強く時には突風も吹いているので中止しました。餌は今日と明日と絶食させ日曜日に昨日の河川敷で訓練する予定です。

 

レッドテール訓練 5日目 初の河川敷で

今日は、家の前ではなく河川敷で訓練、レッドテールにとっては初めて見る景色です。少し警戒してる様子。
トビや最近見かけなくなった野生のオオタカに気お取られ今一、四肢も、ウエイトもMAXのまま至近距離では何とか剣に来ますが距離を取ると駄目、明日もう一度チャレンジして駄目な場合餌を切ってやります。
(訓練動画)
IMG_0001

レッドテール訓練 4日目

日に日に飛ぶ距離は長くなってきていますがこの場所では車も良く通るのでこれが限界です、明日もう一度やっていつも訓練している河川にて訓練をして見ます。今日も四肢、ウエイトはMAX状態さすが反応は悪いですが少しの間この状態で続けてみます、今日も鶉1羽完食しました。因峰本日の飛距離は最長で5メートルです。もう少しは飛んで来るとは思いますが何分車の通行も有り紐付きは危険ですので出来ません。
(訓練動画)

猛禽類ウォッチング ノスリ トビの番凩

木の枝に止まっていましたので車中からデジカメで撮ってみました。この後、気配を感じたのか飛んでいきました、毎日同じ木にいつでも止まってます。

IMG_0001

 

IMG_0002

レッドテール訓練 3日目

四肢、ウエイトはほぼMAXでやっています、途中鉾に戻す時突風が吹きハプニング!
距離はわずか3メートル程ですが徐々に拳に止まるのも上手になってきました。
訓練で毎日ウズラ1羽を食べてます、餌切リ無しでしばらく訓練続けます。
(訓練動画)

猛禽類が初めてでハリスホークを飼育したい方へ。

ハリスホークについて、初めて飼育をお考えの方はハンドレーアードであれば雄をお勧め致します、雌は少々危ないかと思います。どうしても雌がほしい方はペアレントレアードをお勧めします。現代、ブリーダー様方ではほぼペアレントレアードで販売してます、ハンドレアードの雛での販売は少なくなってきています。

(初めての人に人気のハリスホークを例にあげまてます)

雛のメリット 人に懐きやすい。

デメリット  人を恐れないから危険、特に雛で雌、お勧め致しません。

5月以降の取り寄せ可能な鳥

海外の鳥インフルエンダに伴い現代生体の取り寄せが困難な状態です。5月以降になりましたら何とか取り寄せも可能かと思います。

海外方ではフェルギナスホーク、レッドテールホーク、ハリスホーク、ベンガルワシミミズクなど取り寄せ可能になると思います。

国内方ではシロオオタカ、グレイオオタカ、ハリスホーク、アプロマドファルコン、その他メンフクロウ、レッドテールホークなどの国内ブリード物が5月以降取れる様になると思います、但し予約制と為りますのでご希望でしたら今からの予約をお勧めします。

レッドテールを訓練 2日目

四肢は高めでやっております。

(訓練動画)

レッドテールを訓練 1日目

なかなか訓練始めるのも出来なく今日から訓練となりました。

(訓練動画)

https://youtu.be/193cgCpLMkU

https://youtu.be/CXZaOYEWQB0

2020 ハリスホーク♂ 

ハリスホーク ハンドレアード 販売価格¥280,000税込

直ぐにでも取れます、1羽のみですのでお早めにお願いします。

フリーフライト訓練依頼の場合は有料¥25,000円に為ります。
♂は♀よりも温和で初めての方でも比較的安心して飼育できます。
今回のハリスはハンドレアードと言う事も有りお勧めです。